埋設配管・貯蔵タンク | 事業案内 | 日本防蝕工業株式会社

埋設配管・貯蔵タンク

埋設配管

都市ガス管や水道管等の埋設配管は様々な土質中やコンクリート中を貫通して敷設されることによるマクロセル腐食の危険にさらされています。また、電鉄軌条近傍に敷設された埋設配管は電鉄からの迷走電流による電食のおそれがあります。

電気防食法はこれらの防食対策として最も効果的な方法です。

日本防蝕では綿密な調査を基に最適な方法を立案し、設計・施工・管理に至るまで責任をもって実施しております。

電気防食法

流電陽極方式

マグノードで防食している埋設配管

マグノードで防食している埋設配管

埋設配管が敷設される土壌は海水等よりも抵抗率が高く防食電流が流れにくいため、流電陽極中で最も電位が卑なマグネシウム合金陽極を使用して防食を行います。
また、陽極接地抵抗を下げるため、マグネシウム合金陽極をバックフィルに包んで土壌中に設置します。

日本防蝕では高性能のマグネシウム合金陽極“マグノード”を用意しております。

外部電源方式

外部電源方式には耐久性電極を比較的浅い土壌中(地下数メートル~十数メートル)に埋設する浅埋方式と深い土壌中(地下数十メートル~百数十メートル)に埋設する深埋方式とがあります。深埋方式は防食対象埋設配管の近くに他の埋設配管等があり、防食電流の干渉による悪影響が想定される場合に採用します。

外部電源方式で使用する電極には“高けい素鉄電極”や“金属酸化物被覆電極”などがあります。

浅埋方式の電極設置作業

浅埋方式の電極設置作業

深埋方式のボーリング作業

深埋方式のボーリング作業

電食防止法

選択排流方式

電鉄軌条付近の選択排流器

電鉄軌条付近の選択排流器

電鉄車庫付近の帰線自動開閉装置

電鉄車庫付近の帰線自動開閉装置

直流電鉄軌条の近くに埋設配管があると、軌条(レール)から漏れた迷走電流が埋設配管に流入し、その埋設配管から土壌に流出する箇所で電食が起こります。選択排流方式はこの迷走電流を軌条に帰流させて埋設配管の電食を防止する方法です。
また、電鉄車庫では軌条と建屋の基礎鋼材が接触して接地抵抗が低くなり、外線から車庫内に流入する電流が軌条や近くにある埋設配管に著しい電食を引き起こします。このような外線から車庫内に流入する電流を外線に戻し、車庫側の軌条や埋設配管の電食を防止するためには帰線自動開閉装置を設置する必要があります。

日本防蝕では種々の容量の選択排流器並びに帰線自動開閉装置を提供し、埋設配管やレールの電食防止に努めております。

※電食防止法では対象物を完全に防食することは出来ません。詳しくは弊社問い合わせページよりご連絡下さい。

貯蔵タンク、深井戸、基礎杭

貯蔵タンク

ジンシート敷きつめ作業

ジンシート敷きつめ作業

石油貯蔵タンクや用水貯蔵タンクは高抵抗のアスファルト等の上に設置されていますが、タンク底板と基礎との間には雨水等が侵入し易く、底板のアニュラープレートに腐食が生じます。

日本防蝕では、このような腐食を防止するために、薄板状の亜鉛シートを敷きつめる“ジンシート工法”を提供致しております。
また、貯蔵タンク内面も石油に含まれるわずかな海水や用水により腐食するため、内面の環境に合わせた陽極を用いて腐食を防ぎます。

深井戸

電極埋設用ボーリング作業

電極埋設用ボーリング作業

ガス採集井戸や揚水井戸には深度が数千メートルにも及ぶものがあり、大深度にわたってさまざまな地層を貫通するため、ケーシング外面は通気差、温度差および塩分濃度差によるマクロセル腐食の危険にさらされています。
また、ケーシング内面や揚水管にも塩分を含む地下水等で腐食が生じます。このような深井戸の防食には電気防食法が不可欠です。
ケーシング外面は主として深埋式の外部電源方式を用い、電極には主に“高けい素鉄電極”や“金属酸化物被覆電極”を使用します。また、ケーシング内面には流電陽極方式を用います。

基礎杭

基礎鋼管杭に取り付けたジンノード

基礎鋼管杭に取り付けたジンノード

建造物の基礎鋼管杭等はさまざまな地層を通過し、また、上部はコンクリートで覆われるため通気差やコンクリートの影響によるマクロセル腐食の危険にさらされています。

基礎杭の電気防食には流電陽極方式と外部電源方式を用い、マグネシウム合金陽極または亜鉛合金陽極を使用します。

地下タンク

マグノードで防食している地下タンク

マグノードで防食している地下タンク

給油所の地下タンクや地下バルク貯槽等の危険物貯蔵設備は法令により防食措置が義務づけられています。

日本防蝕では豊富な実績に基づき、これら地下タンクに対して綿密な調査・設計のもと最適な防食法を提供致しております。

PAGETOP
お問い合わせ
03-3737-8441
お問い合わせフォーム
カタログダウンロード
連絡先
03-3737-8400
〒144-8555 東京都大田区南蒲田1-21-12
日本防蝕工業株式会社 総務部人事担当 小原(おばら)
採用お問い合わせフォーム